地声で高音を出す練習法

遠くに山があってそこにいる人に向かって『おーい!(はーい!)』と叫んでみる

これは私が昔からやっていたやり方です。この方法は某有名な歌姫のボイストレーナーからだいぶ前に教わったやり方です。

遠くに向かって大きな声を出せば、普段より高い声が出ます。(低音でヤッホーって言う人あまりいないよね)
でも大抵の人が、前かがみになって叫んでしまいます。
前かがみになると、声を喉にぶつけてしまい、喉を痛めたり、呼吸もうまく使えない姿勢になるのであまりよくありません。

そういうときは、同じイメージで後ろに向かって叫んでもらいます。
つまり、はるか後ろの山にいる人に向かって叫んでみるんです。
そうすると、自然と胸を張り、背筋を使うこともできて楽に出るようになります。
(背筋は結構大事だったりします。)
この時、ボールを山形に後ろに投げるようなイメージです。

これでも結構高い声は出るようになります。私は今までこのやり方で歌ってきましたから。

が、リベルティング発声法では、後ろは後ろでも山形ではなくて真っ直ぐ後ろに向かって声を出します。
最初は『え?まさか?無理でしょ?そんなんでちゃんとでるわけない、、』と思いましたが、そこには秘密の扉がありました。

鍵は

思い込みを捨てる
息を止める
みぞおちに力を入れる

この扉が開ければ、新しい声の世界が広がります。

『あれ?なぜ私は今までこの声の存在に気づかなかったんだろう?』と。。。。

もっと早く知りたかったな。。。。
と思う前に、始めてみましょ!

Follow me