日本語は喉に来やすい

日本語ってどうしてもべたっとして喉声になりやすいんです。
そういう意味では、歌うには難しい発声なのかもしれません。
声楽でも日本歌曲は難しいと言われています。

ボイトレでも、発声のためには洋楽を歌うことをお勧めします。
演歌や民謡は別ですが、今流行っているようなポップスはもともと洋楽を参考に作られているものがほとんどなので、洋楽の発声の方が役に立つでしょう。

私は英語が喋れるわけではないので、洋楽が得意なわけではありませんが、私を含め生徒さんたちをみていると、慣れない発音や発声に気をつけて、しばらく頑張って洋楽を歌ってから邦楽に戻ってくると、いつのまにか発声がよくなって、言葉が楽になった分余裕もでき、上手になっていることが多いからです。

日本人のりかさんと外国人のキャサリンが『ハイ』を歌ってみる感じでインスタにアップしました。

View this post on Instagram

#リベルティング発声法認定トレーナー ポストリレー、木曜日担当のLika です。 . . 日本語ってどうしてもべたっとして喉声になりやすいですよね。 . 私は英語が喋れないので、英語の歌が得意なわけではありませんが、発声のために、演歌や民謡以外の生徒さんには洋楽を歌うことを勧めています。 . 慣れない発音や発声に気を付けてしばらく洋楽を歌ってから邦楽に戻ってくると、いつの間にか発声が良くなって、言葉が楽になった分余裕もでき、上手になっていることが多いからです。 . 最初に、日本人の「はい」と外国人になって「Hi !」をやってみたりします。 . 今日は日本人のりかさんと外国人のキャサリンさんで例えてみました。 ちょっと大げさですが、日本語より英語の方が喉が開いて後ろで発声しているイメージです。 . . . 月:Chibi先生 @chibipico と maho先生 @maho_vocal 火:Aya先生 @aya.belters.studio とNana先生 @nana.y.0701 水:Chiiko先生 @sing_with_chiiko 木:Lika😊先生 @singing.lika 金:Shoko先生 @shoko.rebelting 土:Risaco先生 @risaco.music 日:miki先生 @miki.lalamusic 代表:Chico先生 @rebeltingmethod . . . . #ハリウッド式ベルティング発声法 #ベルティング #ベルティングボイス #belting #ボイトレ #ボイストレーニング #ボーカルレッスン #singer #発声 #歌が上手くなりたい #カラオケレッスン #カラオケ教室 #歌のレッスン #趣味歌 #ミュージカル #リベルティング発声法 #喉を開く #日本語と英語の違い #REBELTINGMETHOD #ボーカルスクール #Voicecoach #Lika

A post shared by Lika (@singing.lika) on

参考にしてみてください。

Follow me